当社は其の初め不詳なれど、口碑によれば蓮馨寺開祖素より此の神を帰信したるに様々な災厄を免れたりし事しばしばあり。ここに於いて偏にこの神の祐を加え給えるなりと加祐の称を社号に冠し崇め来ると云々。其の社号今なお古旗に存す。ここを以て推察するに永禄年間の頃、当社のすでに在りし事明らかなり。明治2年、蓮馨寺境内より遷して熊野神社の御末社となる。

加祐稲荷神社(かゆういなりじんじゃ)