日常の大鷲神社
直線上に配置
12月3日は
川越・酉の市

大正の頃、南埼玉郡鷲ノ宮神社の分霊を奉斎したと伝えられている。始め熊野神社に合祀されたが、後に現在の社殿を建立し、遷座祭を執行して末社とした。川越市の繁栄のため「酉の市」を開催し、大神の福を授かろうと近郷より善男善女が集まり、毎年盛大に行われている。

(元日〜3日のみ)