御由緒・御祭神

御由緒
当社は、『明細帳』によると天正18年(1590年)蓮馨寺二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まり、以後、松郷の人々が氏神として崇敬した。下って、正徳3年(1713年)同寺十六世然誉了鑑僧正の時、社殿を改築し鳥居を石造りとした。現在ある二の鳥居がそれである。こにイベント名が入ります。        
御祭神
御祭神は熊野大神で伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉册命(いざなみのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)の御四神です。伊弉諾尊、伊弉冉尊(いざなみのみこと)は、一番最初に出てくる夫婦の神様です。このお二人の神様は、夫婦道を興しになられただけでなく、多くの国や森羅万象の神様をお産みになられました。そのようなことで『縁結び』の神様としてのご信仰があるわけです。特に、当社の主祭神であられる伊弉諾尊は, 天照大神(あまてらすおおみかみ)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの御親神様でもあり、御神徳の高い神として人々に敬われています。また、禊(みそ)ぎをとても大切にしている神道ですが、その起源は古事記によると伊弉諾命の禊ぎにあるとされています。             また、事解之男命と速玉之男命は、穢れを祓う神・魔を祓う神とも言われています。従って、厄払い・厄除けにご利益があるとされています。また事解之男命の「解」は、解する(判断する・理解する)の意とされ様々な物事を理解する学問の神様としても知られます。
神社沿革
天正18年(1590年) 蓮馨寺二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請した。
正徳3年(1713年)  同寺十六世然誉了鑑僧正の時、社殿を改築し鳥居を石造りとした
明治4年(1871年)  書上済村社に列せられた。
明治41年(1908年)  神饌幣帛料供進神社に指定された。
大正11年(1922年)  熊野神社境内にて川越酉の市が始まる。